武蔵野の森を育てる会

会の紹介

緑地の紹介

活動予定

活動報告

森の研究室

会報

リンク


お問い合わせ

活動に参加しませんか?

トップにもどる

スタッフ・ブログ

■武蔵野の森を育てる会の紹介

武蔵野の森を育てる会とは?

P4300013.jpg
 武蔵野の森を育てる会は、境山野緑地(さかいさんやりょくち)の開園に伴って2005年(平成17年)5月に設立され、武蔵野市の「緑ボランティア団体」として公認されている市民団体です。

 武蔵野市緑化環境センターとの協働によって、武蔵野市立境山野緑地に豊かな生態系の雑木林(森)を育てることを目的として、保全活動を行っています。

 毎月2回の定例作業では、草刈り・草取り(外来植物の除去)・清掃・補修・樹木管理・苗木育成・産物活用法の研究(竹林・椎茸・夏蜜柑・堆肥など)・植物調査などを行っています。

 また、雑木林管理のノウハウを学ぶために、専門家や他団体との交流、他地域の雑木林の見学など、各種の学習活動にも力を入れています。これらの活動により、しだいに自然豊かな緑地に育っていくことが私たちの喜びです。

 近隣住民や小学校・高校・学生団体などとも協力し、さまざまな人たちの力を生かしながら活動を展開しています。保全活動に多くの人たちが集まっていただけることは、雑木林が人のつながりを広げる役目を果たしているとも言えるでしょう。




境山野緑地の将来像


satoyama.jpg
 武蔵野の原風景にふさわしい野草や樹木が育ち、それを好む野性の生き物(昆虫、野鳥など)が集まり、生態系の豊かな雑木林となるよう育てます。

 住宅地にある緑地なので、見通しなど安全性の確保、子どもが自然のなかで遊べ、大人も憩いの場として親しめる…このような緑地を目指します。

inserted by FC2 system